スマ婚が評判の理由|費用をかけずに挙式ができる

むずかしく考える必要ない

贈り物

マナーとかえす時期

結婚祝いを頂いた方々にお返しする金額の相場は、頂いた額の半額、または3分の1ぐらいの品物を贈るのが一般的です。地域や、親戚の付き合いによっては、マナーが多少かわってくるので、不安なら両親に相談してみるといいでしょう。新婚旅行のお土産も一緒に渡すと、喜ばれます。お返しをする時期は、結婚式をあげてから1ヶ月以内に贈るのがマナーです。結婚式をあげていない場合も、結婚祝いを受け取ってから1ヶ月以内にお返しを贈りましょう。先に、結婚祝いを頂いたときは、お礼状を送って、お返しの品は結婚後に贈ると伝えておくのがいいです。結婚祝いを頂いたとき、送られてきたときは、頂いた相手へお礼の電話言をしましょう。注意が必要なのが、お返しの品で選んではいけない品があります。刃物や割れ物は、切れる、割れるという言葉を連想させるため、避けておきましょう。ハサミやナイフ、包丁などの刃物、鏡や陶器、ガラス食器などの割れ物は、贈らないほうが無難です。ただし、相手にリクエストされた場合は、事前に連絡をして贈るのもありだとおもいます。贈り物は、贈り主の状況を考慮した上で贈ると喜ばれます。お返しは、偶数になるものをさけましょう。2つに割れるなど別れをイメージしてしまうからです。コップの1ペア、1ダースなどは大丈夫です。お菓子の詰め合わせや、日用品の詰め合わせを贈るときは、偶数のものはやめておきましょう。郵送のときは、お礼状を添えるなどの配慮を忘れずにしましょう。